幼稚園選びの無料個別相談会には1000組以上のご家族が参加されました!「引っ越してきたばかり!」「モンテッソーリ?」「お受験?」なんでもどうぞ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へご賛同いただけたらワンクリックお願いします! にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ

「縦割り」は、同じ学年でクラスをつくる「横割り」の逆です。
例えば30人のクラスであれば、年長さんが10人、年中さんが10人
年少さんが10人で1クラスといった形になります。

モンテッソーリ教育を取り入れている幼稚園又は子どもの家などは
たいてい「縦割り」を導入しています。一般の幼稚園でも縦割りを
導入している園はあります。

全ての保育を縦割りにしている幼稚園もあれば、一時的に「縦割りの時間」
などと部分的に導入している園もあります。

メリットとデメリットを親として理解しておきましょう 

まず、良い点ですが、年長さんは年少さんの面倒を見る役割で「お世話係り」
など、パートナーを決めている園もあります。

 
年長さんには年下の子の面倒を見るという責任感が芽生えます。年少さんは
年長者への憧れと尊敬の念を持ちます。年中さんは自分のことを自分でやる
自覚を持ちます。


この関係は子ども達にとっては、大人が思うよりはるかに重要なようです。

一人っ子が多い昨今では貴重な体験かもしれません。昔は兄弟間や
近所の子供同士で自然に「縦割り」の関係が存在していましたが、今は
なかなかできない体験かもしれません。


私の子ども4人は、全員縦割り保育を体験しています。学校の成績は
ともかくとして、家に小さい子が来ると、よく面倒を見る姿をみると、
「ひょっとして 縦割り保育の効果か!」などと思いますが、本当の
ところはわかりません。

一方、デメリットは年長さんはとてもパワフルなので年少さんがついて
いけなかったり、けがの可能性が高くなることでしょうか。

先生方も大変です。自由保育に加えて 縦割りでコントロールが効いていないと
「野放し」と変わらなくなってしまいます。

先生方の細かい配慮がってはじめて、安全で効果的な「縦割り保育」
が可能になるのだと思います。 

そのあたりの見極めは非常に難しいので、HPなどで「縦割り保育を導入」
と書いてあるだけで判断せず、幼稚園訪問で実際に見学し、園長先生に
質問するなどして決めたいものです。

縦割り保育関連記事 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へご賛同いただけたらワンクリックお願いします! にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kosodatenet.blog116.fc2.com/tb.php/84-f989b5f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。