幼稚園選びの無料個別相談会には1000組以上のご家族が参加されました!「引っ越してきたばかり!」「モンテッソーリ?」「お受験?」なんでもどうぞ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へご賛同いただけたらワンクリックお願いします! にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ

プレ幼稚園(未就園児保育)を取り入れる幼稚園が増えています。
お母さまがたからも「どこのプレ幼稚園に行ったらいいでしょう?」
などの質問を多く受けます。

プレ幼稚園のスタイルには大きく分けると二つあります。
ひとつは、お試し幼稚園スタイルで、お母さんもいっしょに1~2時間
楽しく遊ぶというスタイルです。
もうひとつは、幼稚園生活にならす「母子分離」という形で、半日くらい
預かるというスタイルです。

どちらが良いとは言えませんが、それぞれのお子様の成熟度合いと
月齢を親がしっかり理解してプレに行かせるか決めるべきでしょう。

通常、5月あたりからスタートするケースが多いのですが、4月生まれさん
ならすでに3歳になっていますので、お友達と仲良く遊ぶことや、ボチボチ
母子分離も必要になってきます。体力をもてあましている男の子などには
思い切り遊べるいい機会かも知れません。 

しかし、例えば2月生まれさんなら、5月のプレの時は、まだ2歳になって
間もない時期
なのです。この差は私ども大人が想像する以上に大きい
のです。 また、この時期は「自分の我」というものが芽生える時期
ですから、お友達とまだうまく遊べなくても、お友達のおもちゃを取って
しまっても、親が目くじらを立てる必要の無い時期なのです。

そうした点に、配慮のあるプレ幼稚園をやっている幼稚園なら、入園後も
安心ですね!
 
その辺のことを理解してプレ幼稚園に入れないと、月齢ちがうお友達の
中で、「うちの子は集団生活が苦手なんだわ!どうしうたらいいのでしょう」
みたいなことになってしまいます。

こうした背景には、幼稚園側の園児獲得のためにプレ幼稚園が利用され
る傾向があることが一つの原因になっいます。

「プレに入られた方は優先的に入園を、、、」みたいな幼稚園もあるのです。
確かに私立幼稚園は経営をしなくてはいけないですから、園児を早くから
獲得したいという考えはわかります。ただ、そうした姿勢も行き過ぎれば
入園後の子ども達への保育にも影響を与えるはずです。

そうした意味でできればお父さんにも説明会に行ってもらい、二人の目で
心で感じた感覚を大切にして決めてほしいものです。

プレの費用も決して「お安くありません!」 

プレ幼稚園は利用すべきもので、利用されてはいけません

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へご賛同いただけたらワンクリックお願いします! にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kosodatenet.blog116.fc2.com/tb.php/81-36e4b612
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。