幼稚園選びの無料個別相談会には1000組以上のご家族が参加されました!「引っ越してきたばかり!」「モンテッソーリ?」「お受験?」なんでもどうぞ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へご賛同いただけたらワンクリックお願いします! にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ

イタリアの女医「マリア・モンテッソーリ」(1870~1952)が精神遅滞児の
治癒教育の経験を、貧困の子供を保護教育する施設「子どもの家」で確立
した教育。

子どもが自主的にしたいことを、やりたいだけ十分に続けることで、満足感や
達成感が「自立した人格」を育てる。

モンテッソーリ教具を使い、年齢や能力に応じて生活上の訓練、感覚訓練、
数量、文字といった知的学習をうながす。

社会のミニチュア版を構成する目的で「縦割り保育」のクラス編成をとる。

最近ではグーグル、ウィキペディア、アマゾン.comなどの創始者が 幼少時に
モンテッソーリ教育を受けた
などで注目を集めています。

モンテッソーリは0歳~6歳までを「敏感期」と名づけ、期間に特に子どもの持つ
感性、能力が伸びるとしています。

また、その敏感期の教育機会を逃すことは「最終バスに乗り遅れるようなものだ」
と言っています。

わが子に受けさせるかどうかは別として、親として正しい知識をつけて判断を
したいものです。

 また、幼稚園、小学校受験の大手幼児教室が多く取り入れているため、
お受験の準備のひとつのように誤解を受けている面もあります。

お父様方には特になじみがないと思います。


モンテッソーリ関連記事

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へご賛同いただけたらワンクリックお願いします! にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kosodatenet.blog116.fc2.com/tb.php/79-341dc6c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。