幼稚園選びの無料個別相談会には1000組以上のご家族が参加されました!「引っ越してきたばかり!」「モンテッソーリ?」「お受験?」なんでもどうぞ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へご賛同いただけたらワンクリックお願いします! にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ

トレッサ横浜で開催されたセミナー
「お父さんも知りたいモンテッソーリ教育」が大盛況のうちに終了しました。

DSC01375.jpg 

日本モンテッソーリ教会教師の「野村謡子先生」をお迎えして、私が
父親の立場で質問するパネルディスカッションの形で行われました。

モンテッソーリ教育のイロハから始まり、お父さん参加でのデモンストレーション
まで、2時間の長いセッションもあっという間に過ぎてしまいました。

熱心にメモを取るお父様方の姿に大変感動しました。

すでにモンテッソーリのお教室に通われているご家庭の参加もあり、
お父さんがモンテッソーリについて理解を深めることにより、より一層
その効果がますことと思います。

今回、定員をはるかに超え、多くの方がキャンセル待ちになってしまいました。
次回の開催が決まりしだい、優先的にお知らせをいたしますので、しばし
お待ちください。

m(__)m

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へご賛同いただけたらワンクリックお願いします! にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ

幼稚園受験最終回!デメリットについてお話しします!

① 早すぎる受験!
  附属系の幼稚園を選択するということは、その後の受験をスルーすることが
  できるというメリットもありますが、逆に言えば「受験という成長の機会を 
  取り除いてしまう」「他の学校に行く選択肢を狭めてしまう」
といった
  裏腹なデメリットが存在します。
  これは、子どもの将来に大きな影響を与える選択です。

  よくよく考えて「カードを切る」ようにしたいものです。相談会では一番ここに
  力を入れてお話しします。

② 子どもへの影響
  幼児にとっての受験は、子どもにとっては大きなストレスになります。
  言葉で表現できない分、身体に変化が出ることもあります。チック症
  や、言葉が出なくなったりすることもあります。

  子どものための受験ですので、時には「勇気ある撤退」も大切です!
  まだ、はじめの一歩!も踏み出していないのですから。

③ 安全性!
  「通園時間は1時間」が一つの限界!と書きましたが、これもご家庭に
  よって許容範囲が違うと思います。
  また、電車での送り迎えなど、のぼり、くだり によってずいぶん
  混雑度や危険度も違います。
  お子さんのための幼稚園ですから、通園時間に合わせて、親が下見
  をするなどしっかり見極めたいものです。

以上、4回にわたって 幼稚園受験についてお伝えしましたので参考にして
いただければと思います。

これ以上のことは、個別の相談にいらしてください。個別の幼稚園別の対策
まで、お伝えいたします。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へご賛同いただけたらワンクリックお願いします! にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ

「おとうさんといっしょに幼稚園えらび」の相談会の

3月の予約がすでに 満員御礼!となりました 

皆さんの教育に対する意識の高さに感動しております m(__)m

「4月の予定はどうなっていますか?」というお声も多いのですが
まだ、決定していませんので「 優先予約まち
 」という形をとら
せていただきます。

メールで必要事項をお知らせください。日程が決まり次第ご連絡
さしあげます。

あと、平日開催をのぞむお声も多いので、平日でもOKというお父さんは
その旨、ご連絡ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へご賛同いただけたらワンクリックお願いします! にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ

幼稚園受験のメリットについてお伝えします(持論ですが)

<メリット>

① 校風、カラーが身につく
   「三つ子の魂、百まで」の通り、その一貫校の校風や、宗教教育が
   身につくのは幼少時の教育です。 ご家庭の方針と一致している学校が
   すでに決まっていて、幼稚園から門戸を開いているなら受験をされるのも
   良いと思います。
   平たく言えば「その学校ポイ」お子様に育ってほしいなら、早くから入られ
   た方が良いでしょう。

 子どもの負担が軽い?!
   小学校受験と比較すればですが、こどもにかかる負担は軽いです。
   「その分、親が面接等でがんばればいい!」ともいえるでしょう。
   単純にはいえませんが 小学校受験に比べて費用も少ないと
   思います。

       普通の幼稚園に行かれても、私立ですから学費は、結構かかりますし!

③ 再チャレンジが可能 
  もし幼稚園で「ご縁がいただけなくても」小学校でリベンジが可能です。
  ただし、大手の幼児教室で「とりあえず幼稚園をうけられたら?」という
  甘い言葉には乗らないように。幼稚園受験対策でもお金は相当かかり
  ますので、まずは「わが家の方針を決めて、それから教室をえらび
  ましょう。」

  決して、幼児教室に「お受験しようかどうか迷っているんですが?」
  などという質問をしにたずねて行かないように 

④ 子どもが成長する
   全ての受験に共通することですが、受験は試練であり子どもの成長
   の機会でもあります。しっかりした受け答え、公共の場での態度、
   がまんをすることなど、親がしっかりした目的を持てば、子どもは
   受験を期に成長します。

⑤ 親も成長する
   幼稚園受験では「親子面接」が決め手になります。わたくしもお父さんの
   添削までお手伝いすることがありますが、試験対策という意味だけでなく
   「志望理由」や「子どもにどう育ってほしいか」など、具体的に考えることは
   親として大きな成長になります。

 

次回はデメリットについて
   

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へご賛同いただけたらワンクリックお願いします! にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ

幼稚園受験で一番大切なことは

「なんで附属系の幼稚園を受験するのか?」 についてです。

この WHY の部分が、一番大切ですし、塾などでは教えてくれない、親が
考えなくてはいけない部分なのです。

その1でも触れた通り、横浜での幼稚園受験は「きわめて限られた選択肢」
です。 でも、あえてその道を選ぶには、それなりの理由や、強い希望が
なければいけません。

順番にあげていきますので、わが家はどれかな?と考えてみてください。

 

① 自分が卒園、卒業生である。校風が気に入っている。

② 小さいうちから宗教教育を受けさせたい。

③ 小さいうちから受けさせたい教育(語学、モンテッソーリなど)がある。

④ 小学校受験、中学校受験などは避け、早めに難関校に入れてあげたい。

⑤ 逆に充実した 小学校受験、中学校をするためにしっかりした環境を準備する。

⑥ 地元の公立校に行かせたくない。

⑦ 制服にあこがれている。

⑧ 男子校、女子校に入れたい。

⑨ 一貫校ならではの友人を持たせたい!            などなど

他にもあると思いますが、「子どもが主役」であることを忘れないでください!

ご両親の意見が大きく割れることもたくさんあります。相談会ではそうした
意見の「交通整理」のような役割をすることがたびたびあります。

次回は幼稚園受験のメリット、デメリットにつて触れます。

 

さらにつづく

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へご賛同いただけたらワンクリックお願いします! にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ

相談会では幼稚園受験についてもお話ししています。

わが家では子ども4人が「お受験」を経験しているので、得意分野と
いえるのですが、ただ、メリット、デメリットを両方体験していますので
より慎重に情報を集め、ご夫婦でよくよく話し合った上で決められることを
おすすめしています。

子どもは「わたし お受験したい!」とは言いません。100%親の
判断に掛かっていますので

まずどんな幼稚園がいわゆるお受験系と言われているのか?
そして、物理的に通える幼稚園がどれくらいあるのか知りましょう!

実はそんなに 多くないんですよ! (特に男の子は)

 

<横浜市内にある附属系幼稚園ですと>

捜真幼稚園、横浜英和幼稚園、関東学院附属幼稚園、桐蔭学園附属

 

<その他で横浜から1時間以内で通える附属系幼稚園ですと>

白百合学園、湘南白百合学園、雙葉幼稚園(2年)、田園調布雙葉(2年)

カリタス、暁星、青山学院、東洋英和、森村学園、昭和女子大、

小野学園、清明学園、  といったところでしょうか。

 注意点として捜真幼稚園のように附属といっても 小学校に上がるとき
しっかりと「内部受験」がある幼稚園も多いですので確認の上で志望するように
しましょう。

面接においても通園時間は聞かれますし、なんといってもわが子の安全がかかって
いますので、冷静に自宅からの 通園時間を 計算してみましょう。

「そのために引っ越す」という選択がない限り、「自宅から1時間」というのは一つの
限界と考えられた方が良いと思います。

これを「マッピング」と言います。個別相談ではまずこのプロセスを踏んで、次に
進みます。

       つづく

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へご賛同いただけたらワンクリックお願いします! にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ

一番下の娘の幼稚園参観にいってきました!モンテッソーリの時間でしたので
楽しみに、会社は半休ってことで。

普通、幼稚園訪問と言うのは5月ごろから始まります。この季節の幼稚園は
新園児をむかえて、まだクラス創りが始まったばかりでバタバタしています。

しかし、2月ともなると、落ち着きが出てきてとてもいい感じ! 
さすが先生方!「よくぞここまでにしてくれました」という感じです。

それぞれの園児が、自分達のやりたい「お仕事」をえらび、楽しそうにやって
います。うちの娘ははたおりでマフラーをつくっています。その隣の男の子は
はさみで工作を。その隣では鉄のビーズで数を学んでいます。みんな
バラバラのことをやっています。
その中で先生方が必要に応じてサポートをされています。しかも
大きな声を張り上げるのではなく、ささやきかけるくらいの、優しい声で。

子ども達の集中している姿と、静けさは独特の雰囲気です。
「やっぱり モンテッソーリはいいなぁ」と感じました。

縦割り保育も、しっかり機能していて、年少さんの手をひいてお世話する
年長のわが娘の姿を見て、「よくぞ、ここまで育ってくれたものだ」と
感心しました。(単なる親ばかですネ)

もうすぐ卒園です (ToT)/~~~

ここまで導いてくださった先生と幼稚園に感謝いたします m(__)m

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へご賛同いただけたらワンクリックお願いします! にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ

預かり保育(延長保育)を取り入れる幼稚園はとても多くなってきています。

保育園に入れない待機児童の多い横浜であったり、女性の社会進出という意味
ではよろこぶべきことです。

通常保育の後に、別料金で延長して保育するのですが、おけいこ教室や、
スポーツ指導をする幼稚園もあります。こうしたコースは別の運営母体が
行う場合も多くなってきます。

幼稚園のあとにおけいこに通わせることを考えれば、幼稚園が全部やって
くれれば、ママは楽だし、経済的! といった視点から人気もあるようです。

料金もさまざまで、月極めのところもあれば、日払いでその日に電話一本で
預かってくれるところまでイロイロです。

さらに横浜市では 「横浜市私立幼稚園預り保育事業」として、現在65の
幼稚園で「AM7:30~18:30」という幅広い時間帯で預かり保育を実施
しています。詳しくは横浜市こども青少年局で!

お母さんがお仕事をしている家庭では力強い制度ですね!

しかし、バス、給食、預かり保育など、便利さだけに目を向けるのではなく、
ぜひ保育の内容を見抜く目も養っていただきたいと思います。

「保育は人なり」 という言葉もありますので                       HY02_01.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へご賛同いただけたらワンクリックお願いします! にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ

幼稚園行事への参加度も、幼稚園によってさまざまです。お母さんに
とっても大切なポイントです。

「ぜひ積極的に参加したい」というママもいれば、「あまり参加が多い
のはチョッと」というママもいらっしゃると思います。

縫い物などが得意で「バザーの出品はまかせておいて!」というママも
いれば、「仕事もしているし、そんなに時間は裂けないヮ!」というママも
いると思います。

基本的には幼稚園の運営にはできるだけ参加することをおすすめします。

先生方とも仲良くなり、わが子の情報をたくさんもらえますし、幼稚園への
愛着も深くなります。子どもとの共通の話題も増えます。

しかし、あまり度が過ぎると毎日幼稚園に行かなくてはならないことも

バザーなども準備から運営まで本当に大変な幼稚園もあります。
その辺の度合いは、先輩ママからの生の声に頼らなければなりません。
バザーなどで活動されている先輩ママに「結構、お手伝い大変ですか?」
と聞いてみるのもいいでしょう。

最近は「ほとんどのことは幼稚園にお任せください!」と言い切る幼稚園も
増えてきています。

各ご家庭の方針、ママの考えを含めて判断したいものです。             HY02_04.jpg

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へご賛同いただけたらワンクリックお願いします! にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ

最初に誤解がないように申し上げておきますが、一斉保育しかない
幼稚園や,
自由保育しかない幼稚園はありません。
そのウェイトをどちらに置いているかの違いですので注意してください!

「一斉保育」とは保育者が何かテーマを決めて子どもをまとめて保育する
形態のこと。
先生が前に出て、園児は席に付いたり、車座になってすわったりして、
行う、学校スタイルと言えば判りやすいでしょうか?
内容は本の読み聞かせから、集団での運動など様々です。

一糸乱れぬ見事な集団遊戯を披露する幼稚園もあります。
思わず感動して大きな拍手を送ってしまいます。
しかし、あまり行き過ぎると子どもの自主性などにも影響しますので、
親としては自分の家庭の判断基準をもって幼稚園を選びたいものです。

 

一方、「自由保育」は子ども達が自由に遊ぶ保育時間のこと。それぞれの
子どもがその時どきでやりたい遊びを自由に選択して、それを保育者が
見守り、必要に応じて導いたり、一緒に遊んだりする。

子どもの自主性を養う意味では素晴らしいのですが、保育者の力量が
必要とされるのはむしろ自由保育かもしれません。
「野放し保育」と紙一重で、自由の中で、子どもの成長のサポートと
安全面を見守ることは本当に大変なことだと思います。

いずれにしてもこうした部分はホームページなど活字では判断できない
大切な部分です。
ぜひ、幼稚園訪問にいかれた時に、園児達の様子や先生方の指導の様子
などをみて、わが家はどちらを望むのか、幼稚園に何を期待 するのかよく
考えて決めたいものです。

                                                                                                     

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へご賛同いただけたらワンクリックお願いします! にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
入園にあたっての「優先枠」のご相談もよく受けます。

特に横浜市西区などの、競争が激しい地域は、深刻な問題に
なっています。

まず「兄弟わく」は、現在おにいちゃん、おねえちゃんが通園中の
場合、下のお子様を優先的に入園させてくれるというものです。
この兄弟枠はどの幼稚園でも設けているようです。
さすがに、上と下のお子さんが別々の幼稚園では大変だということが
考慮されているのだと思います。

次に、「卒園わく」は 親かその子の兄弟がその幼稚園の卒園生
という場合の優先枠です。これも取り入れている幼稚園が多いよう
です。 「自分の園の方針を理解した上で志望してくれている」という
証ですので優先されるのは当然かも知れません。

三番目は「ご近所わく」です。日ごろからお世話になり、ご迷惑も
かけているご近所のお子様を優先するというものです。
昔は優先もなにも、ご近所ばかりでしたが、バスで遠くからも
通園できるようになった今、このご近所枠は撤廃する幼稚園も
増えてきています。

4番目は「プレ幼稚園優先わく」です。未就園児の保育に参加、入会
したご家庭を優先するという枠です。「プレで園の方針を理解してもらい
入園してもらいたい」という園もありますが、昨今の幼稚園側の経営の
面から「青田買い」的に園児を早くに確保したいというスタンスが
見え隠れする幼稚園もあります。


逆にプレ幼稚園に入られても優先枠はありませんと明言する幼稚園
もあります。

以上の枠は幼稚園によって違いますし、毎年変化するのでホーム
ページ等には載らない部分です。

必ず幼稚園に問い合わせ、もしくは説明会で確認しましょう。

私も常に変化する情報なので、詳細を当ページに載せることは控えさせて
いただいています。
直接ご相談に来られた方には、知りえる範囲で口頭でお伝えしています。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へご賛同いただけたらワンクリックお願いします! にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ

「幼稚園でこんなに変わるわが子の将来!」 

限定100部で公開したレポートが ストップを掛ける間もなく

募集からわずか1ヶ月で 1000部を突破しました。\(^o^)/

このレポートは 小冊子最終 ある教育機関からの依頼で作成したものですが

「そんなに好評なら!限定を解除していいですよ!」との

,許可がでましたので バンバン お分けいたします!

もちろん 無料です

こちらをクリック すれば1分でダウンロードできます。

子育て勉強会で月刊【子育て新聞】というメルマガを発行して
おります。
 「そちらもあわせて読んでもいいよ!」という方に
限らせていただきます。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へご賛同いただけたらワンクリックお願いします! にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ

2月22日にトレッサ横浜で開催されます講座

「お父さんも知りたいモンテッソーリ教育」

早くも 定員に達しました!(^_^)v 

幼稚園選び 横浜 

皆さまのご期待にお応えできる、充実した講演にいたします
よう、精進してまいります。

次回はまだ未定ですが、既に依頼が多数来ています。

「次回の日程が決まったらお知らせがほしい!」という方は
右のメールフォームからアドレスをお知らせください
開催が決まりましたらご連絡します。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へご賛同いただけたらワンクリックお願いします! にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
横浜市西区にお住まいの「K]さんから こんなに素敵なメールをいただき
ました。



昨日は貴重なお話を、長時間ありがとうございました。

お受験に対して、かなり否定的な意見の主人でしたが、藤崎様のお話と

いただいた資料を読ませていただいて、今までとは違った

受験をイメージできたようで「家族で頑張っても良いよ!」

と言ってくれました^^

ここ半年程口うるさく説得してもなかなか

良い返事をしてくれなかったので、嬉しいやらびっくりするやら

本当に藤崎様に感謝・感謝でございます。

小学校受験からを考えておりますので、

講演会やメルマガで勉強したいと思っていますので

これからも、よろしくお願いいたします。

本当にありがとうございました。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へご賛同いただけたらワンクリックお願いします! にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。